架空庭園

アクセスカウンタ

zoom RSS ソフィア王妃芸術センター

<<   作成日時 : 2014/10/15 02:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

ソフィア王妃芸術センター (Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofia) Madrid

一階から四階まで沢山の絵を見ていたらセンターの四角い窓枠から見た外の景色まで絵のように見えてきた

中学生のとき美術の教科書に載っていたピカソのゲルニカを見てから いつか本物を見てみたいと思っていた

ホテルから20分ほど歩いて ソフィア王妃芸術センターのPablo Picasso GUERNICA 1937 を見に行く
開館間もない時間で まだ静かな館内の2階に 天才ピカソの残した あのGUERNICAがあった

人間も牛も馬も鳥も みな天に向かって慟哭 赤ん坊は母親の腕の中 ぐったりと目を閉じ事切れている様だ

「学生の頃ゲルニカに行きました本当に何気ない小さな静かな村でした」というEさんの言葉を思い出した





画像

ジョアン・ミロ (Joan Miro 1893−1983) 
具象化された形や配色の妙など とても楽しく 大好きになった
(これは習作帖だったのでしょうか?・・・・小さな紙に文字や数字や円など描かれていました)

一本の躍動的な黒い線と可憐な一点の赤い丸だけで表現された「芥子の踊り」という大きな絵が印象に残る

「風景と慰藉・立原正秋」著
赤土の痩せた土地に芥子の花が群生していた。  
それはまことにみごとな彩りだった。 
マドリードからトレドに行く途中で
トレドからレイナに行く道すがらで
私はこの芥子の群生にであった。






画像

ソフィア王妃芸術センター入り口 
ピカソ・・ダリ・・ミロ・・など20世紀の近代現代美術を中心に展示されています



画像

美術鑑賞の後はタパスで一休み  
Boquerones en vinagre (鰯の酢漬け)を摘みに・・美味しくておかわり!







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ソフィア王妃芸術センター 架空庭園/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる